アルファーで山登りを始めましょう!

冬の西穂高岳にチャレンジ!


初日、麓は雨です。上は雪でしょうか



ロープウェイを降りてからのアプローチも短くて良い



翌日、ドピーカン。ラッセル地獄だった正月の霞沢岳合宿に思いを馳せながら出発の準備



うーん



きゃー



お天道さんのように輝いてます(誰が?)



既に独標は午前八時の山手線状態



気持ち良し



今回、もし吹雪いてたらしんどかったろうなーなんて考えながらパシャ!



独標



パチリ



独標から西穂方面を



独標を越えて先へ進みます



雲海が滝の如く信州側に流れていく様



キモ(チい)い。「チい」は省略厳禁でした



こわいよ~



とは言っても、こんな斜面、滑落したら止まりませんわ。滑落停止訓練よりも滑落しない訓練が大事だなって思います



あと10歩



西穂高頂上



ジャンダルム飛騨尾根上部。天気が良くて羨ましい



ということで、3日めの下山日。実は時間的にも二日目に下山できたのですが、私のマッタリリクエストに皆賛同の結果でした







笠ヶ岳とも再見





すぐにロープウェイ駅



↑ PAGE TOP